【聖地巡礼】ラブライブサンシャイン!!聖地沼津へ行ってきました! 

今回は先日行ってきたラブライブサンシャイン!!の舞台である沼津市付近に行ってきましたのでそのレポートをします。
今回は特にアニメにたまに出る沼津駅付近と主人公たちの地元である淡島、三の浦付近に行ってきました。







ラブライブサンシャインとは?


TVやニュースでも多数取り上げられた「ラブライブ!」の続編的なアニメです。前回のキャラは風景レベルでしか登場しませんが、雰囲気や世界観を受け継がれています。スクールアイドルと呼ばれる学生アイドルが多数存在する世の中で、スクールアイドルの聖典である「ラブライブ!」に参加すべく主人公たちが奮闘するアニメです。

今回のアニメは沼津が舞台ということで沼津市のいたるところがアニメに出てきます。主人公が通う高校が沼津市内にあったりします。
2016年7月からアニメ1期放送されましたが、8月の現在ですでに沼津市に聖地巡礼をすべくラブライバーが多数出没しておりました。2017年2月に開催された1stライブにて2期アニメが2017年秋に放映されることが発表されました。今後も聖地である沼津へ行くことを検討している方も多いと思いますので、参考にしていただければ幸いです。



ラブライブ!サンシャイン!! FIRST FAN BOOK
by カエレバ



沼津市とは?


沼津市は静岡県の東側にあり、東京駅から新幹線で1時間程度で行くことができます。関東地方ではないため小旅行な感じで沼津へ行くことができます。
新幹線で行っても往復1万円程度で行くことが可能です。長期連休での青春18きっぷを使用すれば普通列車のみで片道3時間程度2500円程度で行けます。(詳細はリンクを参照
沼津は港町であり、駿河湾近海でとれる魚が有名です。聖地近くには水族館もあり観光名所としても有名です。下記の地図ではその水族館がある淡島マリンパーク付近を出しています。





【早期購入特典あり】 「ラブライブ! サンシャイン!!」3rdシングル「HAPPY PARTY TRAIN」 (DVD付) (CYaRon!ネームタグ全3種のうちランダム1種付)
by カエレバ




沼津駅前に行ってみました!!


沼津駅前はサンシャイン放送中です!といったポスターなどがないため特にわかりづらいですが何度かアニメに出ております。主人公たちが沼津駅前に行くと大体北口のロータリーなどがよく映っております。

2016-07-17 16.10.35.jpg
2016-07-17 16.09.47.jpg
2016-07-17 16.13.10.jpg


沼津市にはゲーマーズがあり、以前善子ことヨハネ役の小林愛香さんが1日店長をされた際に店名をゲーマーズからヌーマーズに変更した看板などがそのまま飾ってあります。
また店内は1/3程度がラブライブサンシャイン特集ということで全9人分の等身大パネルが飾ってあったリと聖地っぽい形になっております。
なおこのヌーマーズと公式ショップ浦の星女学院購買部でしか買えない缶バッジなどもあるそうです。

電車で沼津に来る方が多いと思いますので、沼津駅に来た際には徒歩10分程度でヌーマーズへも行けますので是非行ってみてください。

2016-07-17 16.28.18.jpg
2016-07-17 16.30.20-1.jpg
2016-07-17 16.30.04.jpg
2016-07-17 16.31.18.jpg


主人公たちの高校や家がある淡島、三の浦地方にも行ってきました!


次に三の浦方面です。三の浦は沼津市内からは少し遠く沼津駅から数キロ南下したところにあります。こちらへは沼津駅もしくは伊豆箱根鉄道伊豆長岡駅よりバスで行くことができます。伊豆長岡駅からはラッピングバスが通っており、アナウンスも最近中の人が担当するようになったようです。

電車で沼津まで来た方は郁は沼津駅より、帰りは伊豆長岡駅行きのバスで帰ると効率のより巡礼ができるでしょう。バスには声優さんたちのサインが書かれております。

DSC01129.JPG
DSC01126.JPG
DSC01123.JPG


淡島マリンパーク


東京MXで見ている方にはおなじみのCMが流れる淡島マリンパークです。
無人島を改造して水族館にしております。無人島ということで本土とは橋ではつながっておりません。
そのため小型の船を使用して島とやり取りを行っております。最近この船がサンシャイン使用にラッピングがされました。町の人たちの本気具合がすごいですね。
自分が行った際にもラブライバーらしき人がたくさんおりました。

DSC01112.JPG
DSC01118.JPG
DSC01116.JPG


ラブライブ! サンシャイン‼寝そべりぬいぐるみ "渡辺曜-未熟DREAMER"(S)
by カエレバ



田の浦地方には見どころがいっぱい!


田の浦地方にはいろいろなところにアニメで見覚えがある箇所が散らばっております。今回田の浦地方を歩いて散策してきました。その時の写真を載せています。

安田屋旅館


まずは安田屋旅館です。ここは主人公の千歌の実家の舞台になったところで老舗の旅館です。
予約をすれば泊まることも可能なようです。大体家の中ばっかり写っていることもあって中に関しては宿泊してみないとわかりませんね。

近くの日程だと予定は埋まっていますが、結構先だとまだ予約できるところもあるようです。記念に泊まってみるのもよいかもしれませんね。
安田屋旅館を予約する

DSC01132.JPG
DSC01131.JPG


郵便局前


続いて郵便局前のバス停です。ただのバス停ですがアニメの中でバス停といえばここがよく出てきます。
目の前にある郵便局もただの郵便局なはずですがいろいろなところにサンシャインのグッズが(笑)。
近場には松月という喫茶店がありここもアニメやらPVに出てきております。目の前には海があり砂浜があるため海水浴もできます。

DSC01140.JPG
DSC01147.JPG
DSC01148.JPG
DSC01155.JPG
DSC01136.JPG


田の浦観光案内所


近くには田の浦観光案内所がありここにサンシャイングッズが多数展示されております。制服等もありました。交流の場としてはここが拠点になっているようです。

ここにはかなり大きめの駐車場があるため、もし車で巡礼したいなと思う方はここに車を駐車させ田の浦地区を回ることができそうです。
※先日の休日に行った際にはほとんど止まっていなかったので問題はないようですが、今後多数の車が駐車するようになってきた場合には三津シーパラダイス駐車場に止める必要があるかもしれません。私は車で行きましたが三津シーパラダイスの駐車場にとめました。

DSC01163.JPGDSC01168.JPGDSC01158.JPG


星の浦女学院のもとになった長井崎中学校


田の浦観光所より歩いて20分くらいのところに星の浦女学院のもとになった長井崎中学校があります。
写真は対岸の丘より撮った写真です。学校は丘の上にあるため近くまでは行きませんでしたが
学校に行く際には学校関係者の迷惑にならないように行くようにしましょう。
間違っても構内に勝手に入ったりしないようにという注意書きもありました。皆様マナーの良い巡礼を心がけましょう。


2016-08-06 14.53.49.jpg


ねんどろいど ラブライブ! サンシャイン!! 津島善子 ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
by カエレバ



番外編 沼津港


沼津港には今のところサンシャインに関係する巡礼先はありませんが、沼津は魚で有名な港町なためおいしい魚が食べられます。
特にアジなどの干物やシラスが有名です。港近くには市場が連なっておりいろいろなところでお土産や食事ができます。せっかく地方の聖地に来たことですし、地元の店にお金を落として応援する気持ちも込めてこの界隈で食事をしていくのがいいと思います。

自分も夕飯用に干物を買ったり、食事をたらふくしております。静岡県のいたるところにある「魚がし鮨」というチェーン店寿司屋さんがありますが、この店は沼津港直送の新鮮な食材を寿司で食べることができます。回転すしに比べれば多少値段は張りますが、ランチでは比較的安く食べられるためお勧めのお店です。私も静岡県に来た際にはよく食べに行きます。写真はこの寿司屋さんで食べたまぐろづくしです。

2016-07-23 18.53.43.jpg

まとめ


沼津は比較的東京からも近く、聖地巡礼にはちょうど良い場所です。
沼津や田の浦を回るだけで1日くらい簡単に過ぎてしまいます。余裕をもって1泊2日でもよいくらいです。

その場合可能であれば近くの旅館にでも泊まれるとよいですね。安田屋旅館も値段は普通の宿に比べれば高いですが、頑張って予約してみる価値はあるかと思います。近くの日程だと予定は埋まっていますが、結構先だとまだ予約できるところもあるようです。
安田屋旅館を予約する


土日を使ったり3連休などを使ってゆっくり聖地巡礼してみてはどうでしょうか?
近くには伊豆伊東市や下田市もあるためこちらも他アニメの聖地になってたりします。こちらと一緒に回るのもよいかと思います。
沼津市内で宿を予約する


聖地巡礼に興味がある方にはこちらもおすすめ!!
>>「響け!ユーフォニアム」聖地 京都宇治に行ってきました!
>>「たまゆら」聖地 広島竹原に行ってきました!
>>「輪廻のラグランジュ」聖地 千葉鴨川に行ってきました!
>>「ガールズ&パンツアー」聖地大洗に行ってきました!

この記事へのコメント